入門書の次の入門書

さて いちばんやさしいPython入門教室 をひと通り終えまして、次の入門書を手に取りました。

みんなのPython 第4版

とにかく入門書として挙げられることが多いです。某アイドルグループ好きにはニヤリとする例文が多く含まれており、それもこの本を選ぶ理由となりました 笑

中身も数色カラーで見やすいように工夫されています。他のプログラミング言語を知っている人はこの本だけでも十分学習できるのではないでしょうか。(私は違いますが)

なかなかのボリュームなので繰り返しやるべきだとは思います。が、私は飽きっぽいので次のことをしたくなってしまう性分。

Chapter12 Pythonとデータサイエンス  は丸ごとすっ飛ばしたのは内緒

この本は辞書的に使用することにし、とにかく何かプログラムを作ってみたいと思うようになりました。しかし、やりたいことがあって始めたわけではないので何をしたら良いか分からない。完全に急ブレーキがかかりました。困ったなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です