RubyかPythonか

Rubyやる気満々だったのでそのままドットインストールで学び続けてもよかったのですが、ちゃんとした学習本も買っておきたいと思って本屋に行きました。ですがどうもグッとくるような本が見つかりません。何故…。チラッと横をみるとPythonのコーナーも充実しておりむしろこちらのほうが取っ掛かりとしては良さそう。

Rubyは日本語での情報が充実、しかし世界的にはあまり使われていない。Pythonはその逆。英語が苦手な私としてはRubyを選びたかったのですが、学習本の選択でつまづくという…。いったん家に帰って言語の選択を再検討することにしました。

 フリエン 
RubyとPython比較|それぞれの得意分野と覚えるべき人|フリエン
https://furien.jp/columns/132/
Rubyとは、日本人が開発したオブジェクト指向スクリプト言語です。Pythonとは、汎用のプログラミング言語でありオブジェクト指向スクリプト言語です。このことからわかるように、RubyにもPythonにも共通することは「オブジェクト指向のスクリプト言語」だということ...

ふむ…。機械学習とかIoTも興味あるし、Pythonにするか。てことで、なんとなくPythonをやっていくことに決めたのでした。さて学習本を買いに行こう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です